2008年11月02日

長澤くん

こちらに来てから、早いもので3か月。

今年もあと2か月。

 

10月までは1日8時間授業だったのですが、今月から3月まで研修の別の科目が入るため、1日4時間授業になります。

かなり時間ができるので、授業の質を上げることを考えたり、今後使う教材に目を通したりするつもりです。

 

話は変わりますが、先日、近所のコンビニで、岡山・玉野光南高校の長澤くんを見かけました。

 

ジャージ姿だったんですが…。

 

袖に「TAMANO KONAN」、

 

左胸に「長澤」の刺繍。

 

 

思わず日本語で話しかけそうになりましたが…よくよく見たら、この水色のジャージを着ていたのは、インドネシア人でした。

 

で、学生時代の同期に、玉野光南高校出身者が2人もいるので、早速報告。

2人とも喜んでいました。

「水色のジャージ」という2人からの情報ともぴったりだし、間違いなくあれは長澤くんのものだということでしょう。

実は中身も長澤くんやったりして…。

 

何にせよ、友人の出身高校のジャージが海を渡って、しかもうちの近所に来るなんて…。

 

世間は狭いっ


griyapalka at 11:06│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
こんなやつです
griyapalka
1997年4月、インドネシア語を学び始めました。
2000年4月から2001年2月まで、ジャカルタ郊外のデポックという町で留学。
Griya Palkaというのは、当時の下宿先の名前です。
オーナー自ら同じ場所に住み、他の住人とは家族のように接してくれました。
それは外国人である私も例外ではありませんでした。
いろいろなイベントを企画しては、いつも誘ってくれていました。
そんなオーナーを始めとするGriya Palkaのスタッフとは、今も連絡を取っています。
過去のネタは、こちらから