2009年08月22日

信頼できる友人が

信頼できる友人(元・日本語教師)が、FPとして独立しました。

 

私からは長々と書きませんが、とにかく信頼できるやつです。

 

当ブログ右上にバナーを貼りました。

家計や貯蓄や年金などで不安を抱えていらっしゃる方、

一度バナーをクリックしてみてください。

 

私も日本に定住(?)することになれば、彼に相談するつもりです。

ま、まだまだ先になりそうですが…。


griyapalka at 12:36|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2009年01月19日

マイブーム

 

メインのメロディーを歌って録音。

 

,縫魯發蠅離瓮蹈妊ー(正式名称知りません)をかぶせて録音。

 

△鯤垢い独疹福

 

の反省を活かして…,悄

 

 

1人でハモる練習。

 

…今日始めたんですが、マイブームになることは間違いありません。

 

暗い

 

今年の目標の1つなんです。ハモれるようになること。

 

 

遅くなりましたが、2009年もよろしくお願いいたします。


griyapalka at 00:05|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)

2008年12月31日

年末に想う2008

>長年?の夢に向かって、2月末で会社を辞めます。

>インドネシアで教えている後輩が持っている資格を、4月に取得して、就職活動開始。

>9月には首都・ジャカルタの大学で教鞭を取る

>という計画…というより希望に近いですが…です。

>実現できる保証はありません。

>しかし、後から

>「あのとき、ああしておけばよかった」

>なんて考えるよりも、一度やってみよう、と。

>もちろん、決めたからには必死でやります。

(中略)

>とにかく。来年は、自力で、いい年にします

 

…と書いたのが、ちょうど1年前の今日。

 

「教鞭を『取る』」ではなく、正しくは「教鞭を『執る』」ですね1年越しの訂正…。

 

何はともあれ、ふたを開けてみれば、「希望」よりも1か月早く、想っていた場所で、想っていた形で教壇に立つことができました。

 

言うまでもなく、今年はいい年にすることができました

 

「自力」だけでは、どうにもなりませんでしたが…。

 

正直、ジャカルタで日本語教師になることはできるだろうと、根拠の無い自信を抱いていました。

 

何の迷いもありませんでした。

 

必要だと思われることは何でもして、いろいろな方々のご協力も得て、ここまで来ることができました。

 

大変さはサラリーマン時代比200%アップですが、楽しさは20000%アップ

 

これからも根拠なしでもいいのでとにかく自信を持って、迷ってる暇があったら、ちょっとだけ迷って(考えて)、突き進んでいきます。

 

2009年も、いい年にします。

 

みなさまにとっても、2009年が充実した、いい年になりますように…。

 

※少しお酒が入っています。変な日本語を使っていても、正月のめでたさに免じてご容赦ください m(_ _)m


griyapalka at 02:02|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)

2008年12月22日

引っ越します

早いもので、今年もあと10日ですね…。

こちらは季節感が全くないので、手帳の日付を見て

「ウソやろ〜!?」と叫びたくなります。

 

そんな私ですが、こちらに来てから、早いもので、約5か月が過ぎました。

ずっと日本で言うワンルームのような所に住んでいたのですが…。

 

朝、うるさい。

夜、うるさい。

深夜、うるさい。

 

夜中の2時ぐらいに

「Happy Birthday, to You〜♪」

の大合唱が始まったこともあり…。

 

よく言えば、にぎやかなんですが。

正直なところ、楽しそうで、うらやましいんですが。

 

睡眠不足気味だし、今の生活にも飽きてきたし…。

 

引っ越します。この年末。

 

大学からさほど遠くないところに、留学時代お世話になったインドネシア人の親戚の家があるので…ホームステイします。

 

齢、30にしてパラサイトシングルに逆戻り??


griyapalka at 00:09|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2008年11月02日

長澤くん

こちらに来てから、早いもので3か月。

今年もあと2か月。

 

10月までは1日8時間授業だったのですが、今月から3月まで研修の別の科目が入るため、1日4時間授業になります。

かなり時間ができるので、授業の質を上げることを考えたり、今後使う教材に目を通したりするつもりです。

 

話は変わりますが、先日、近所のコンビニで、岡山・玉野光南高校の長澤くんを見かけました。

 

ジャージ姿だったんですが…。

 

袖に「TAMANO KONAN」、

 

左胸に「長澤」の刺繍。

 

 

思わず日本語で話しかけそうになりましたが…よくよく見たら、この水色のジャージを着ていたのは、インドネシア人でした。

 

で、学生時代の同期に、玉野光南高校出身者が2人もいるので、早速報告。

2人とも喜んでいました。

「水色のジャージ」という2人からの情報ともぴったりだし、間違いなくあれは長澤くんのものだということでしょう。

実は中身も長澤くんやったりして…。

 

何にせよ、友人の出身高校のジャージが海を渡って、しかもうちの近所に来るなんて…。

 

世間は狭いっ


griyapalka at 11:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年10月05日

あっという間に

こちらに来てから、初の大型連休が終わろうとしています。

この9連休は、こんな感じで時間を使いました↓

 

27日:授業準備

28日:授業準備

29日:授業準備、研修生見送り

30日:授業準備

 1日:授業準備

 2日:授業

 3日:授業、里帰り@インドネシア

 4日:授業準備

 5日:授業準備

 

先日書いた通り、日本に行く研修生を見送ったり、

連休明けに試験のある研修生もいるので、特別に授業をしたり、

留学時代住んでいたところに里帰りしたり。

 

それ以外は、ほとんど授業準備でした。

単調な生活でしたが…ま、新米なので、こんなもんでしょう。

 

今は早く教壇に立ちたくて、仕方ありません。

研修生のみんな、待っててな〜


griyapalka at 22:23|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2008年09月30日

気がつけば

前回の更新から3か月。

ジャカルタに来てから2か月。

みなさん、お元気ですか。

 

私は元気でやっております。

そこらへんの店で氷入りのジュースを飲んでも、全然へこたれないおなかと、

1日8時間教壇に立っても、(少ししか)疲れを感じない肉体を手に入れました

 

昨日は試験に合格して、見事日本で働くことになった研修生たちを見送りに、空港へ行ってきました。

私が彼らに日本語を教えた(というのもおこがましいのですが)のは、わずか1か月足らずでしたが、それでも久々にじーん…とくるものを感じました。

8月から彼らの後輩が入ってきており、あと約1年、一緒に勉強していきます。

今から、楽しみです。


griyapalka at 23:13|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2008年06月16日

はげしい運動…

昨日は急に予定が変更になって、時間ができたため、4か月ぶりにテニスをしました。

 

…4か月間、運動と言えば、ウォーキングと筋トレのみ。

ラケットに触ることすらしていなかったため、どうなることかと冷や冷やしていましたが…。

 

意外と、大丈夫でした

 

3試合やって、1勝できましたし

まあ、3試合とも、ペアがNむらさんというトッププレーヤーであることを考えると、もっと白星を稼ぐべきなのかも知れませんが^^;

 

月並みですが、本当に楽しい時間でした。

昨日一緒にテニスをしたメンバーとは、しばらく会えないのでしょうが…。

何年たっても、コートに立てば、また同じように、白いボール※を追いかけて、声も出して、へとへとになるまで走り続けることでしょう。

また会える日が、今から楽しみです。

※テニスは、軟式の方です。

 

で、今日は、予想通りの筋肉痛…。

ばっちり、全身です。全身

 

朝から予防接種に行ってきたんですが、帰り際に、

 

「今日は、はげしい運動はやめてくださいね。」

 

と一言。

 

はい。したくても、身体が言うことを聞きません。ご安心ください

 

…という感じです。

 

まあ、運動の翌日に筋肉痛になるのは、まだ若い証拠、ですかね


griyapalka at 11:51|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2008年06月10日

30代最初の1週間

が、昨日終わりました。

 

この1週間、いろいろありました。

 

・とあるセミナーに行ったら、講師の先生が、母校の准教授だった。

 

・とあるセミナーに行ったら、配布資料に、僕が一番行きたいインドネシアの大学で日本語教師をされている方(Uさん)の書いた記事があった。

 

・とあるセミナーに行ったら、隣に座った人が、僕が一番行きたいインドネシアの大学で日本語教師をされている方(Kさん)の先輩だった。

 

・AOTSに来ているインドネシアの研修生が、僕が一番行きたいインドネシアの大学から徒歩10分のところに住んでいた。

 

 

・それと…………

 

 インドネシア行きが決まった。

 

 

や〜〜〜〜っと決まりましたっ

 

上にしつこく書いた、「一番行きたいインドネシアの大学」で、8月から、日本語を教えます。

今は「一番行きたかったインドネシアの大学」になりました

出発は、早ければ7月中旬になりそうです。

 

 

「日本語教師生活スタートまでの道のり」というスケジュール表を去年10月に作って、壁に貼ってから、早8か月。

 

振り返ってみると、非常に楽しい日々でした。本当に。「つらいことも…」と書くのが世の常?なのでしょうが、つらいことなんてありませんでした。毎日、とは言いませんが、だんだん目標に近づいていることが実感できていたからだと思います。

 

いろいろな方々にご協力いただいて、ここまでたどり着いたことを忘れず、謙虚に、これからもがんばっていきます。

 

あ、「たどり着いた」と言っても、欲深いせいか、やりたいことが次から次へと出てきています

 

まだまだ、これからですし、これから大変なこともあると思いますが、…楽しみです。

 

ろ〜くがっつ、み〜〜っか(ナベアツ風)

 

 

 

 

↑壁に貼ってある、「日本語教師生活スタートまでの道のり」の左下の部分です。

あとは「日本語教師生活スタート!」の「□」にチェックを入れるのみ!

これはインドネシアに行ってからのお楽しみ、です。


griyapalka at 19:59|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)

2008年05月30日

20代最後の1週間

…です。

 

最近は、AOTSというところに、日本語授業の見学に行っています。

AOTSというのは、経済産業省の外郭団体で、アジア、アフリカ、南米などの企業研修生に対して、研修を行っているところです。

プロの日本語教師の授業を見るのは、本当に勉強になります。

 

ところで、ここで使われているビデオ教材の、インド人の「ラオさん」が、大学のクラブの後輩そっくり。

しかも彼は、大学でも「インド人」のあだ名で親しまれています。

ラオさんの写真をネットで探してみたのですが、見つからず…今度、授業終了後にでも、先生に頼んで、撮らせてもらおうなあ…。

 

そんな感じで、20代最後の1週間が過ぎていきます^^;


griyapalka at 21:54|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2008年05月13日

Kいゆうかん

Kいゆうかんでの仕事が終わりました。

…1週間前に。

 

書きたいことは、またもや山のようにあるのですが…。

一言で言うと、いい経験になりましたし、お金以上に得られたものがありました。

 

ぷらいすれす。

 

前書いたことと重なる部分もありますが、

 

・掃除して、見知らぬおっちゃんに感謝されて、うれしく思ったり。

・体を動かして、心地よい疲労感と、「ああ、働いてる!」という実感を得たり。

・出口でお客さんからの質問に対応しつつ、回数にして3年分ぐらいの「ありがとうございました」を言って、心が洗われたり。

 

こういう思いができたのも、仕事に対して、まっすぐな姿勢で取り組んだからだと思います。

 

たかがアルバイト、たかが5日間、たかが掃除係、たかが出口での挨拶係。

 

言ってしまえば、その通りです。

 

しかし。

 

仕事に対する姿勢は、雇用形態や仕事内容に関係なく、自分でコントロールできますし、しっかり取り組めば、お金以上に得られるものがあると思いました。

 

こう思えたことが、今回の仕事で得た一番の収穫です。

 

適当にやってれば、おっちゃんが声をかけてくれても何とも思わなかっただろうし、疲労感に対しても、ただ「ツカレタ〜」で終わってただろうし、「ありがとう」も口だけ・形だけで、安らかな気持ちになることもなかったと思うのです。

 

今振り返れば、前の仕事でもこんな気持ちで取り組んでいれば…と思うところが多々ありますが…もう、コントロールできないことなので、これからの仕事に活かします。

 

あ〜、オチが無い

 

↓夜のKいゆうかん。仕事をがんばったご褒美に思えるぐらい、きれいでした!

やっぱりオチなし


griyapalka at 18:16|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2008年05月01日

いい。

4月29日、 昭和の日。

3か月ぶりに働きました。

6時間半。

 

Kいゆうかんの掃除係です

案内係ではないのですが、お客さんからの質問にも対応します。

ゴミ箱の種類によって、ゴミ袋のセッティング方法が違うなど、奥が深いです

 

見知らぬおじいちゃんが

「おつかれさん!」

と声をかけてくれたときのうれしさ。

 

それから、何より(おじいちゃん、ごめんなさい)、「働いてる!」という実感。

 

いい。…です。

 

次の仕事はあさって、憲法記念日。

12時間も働けます!

4日のみどりの日も、同じく半日働けます!!

 

短い間ですが、しっかり働いて、みなさんのお役に立ってまいります

 

あと、日本語を教えることで、掃除以上にお役に立てると思っています。

…はやく、教壇に立ちた〜い…。

よ〜かいに〜んげん。


griyapalka at 20:52|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2008年04月26日

ロンドンで失ったもの

ロンドンで失ったものを

 

 

取り戻すために

 

 

しゃべったり

 

 

笑ったり

 

 

食べたり

 

 

呑んだり

 

 

まだ全部取り戻せない

 

 

でもいまの自分にはちょうどいい

 

 

ロンドンで失ったもの

 

 

全部まで取り戻さなくてもいい

 

 

 

…2週間のロンドン(正確にはグリニッジ)生活で3キロ痩せて帰ってきて、吞み会に参加したら2キロ増えましたが、身長からするとベスト体重!というだけの話です。

 

 

↓世界遺産、ロンドン塔の前で撮った写真です。時間とお金の関係で、中には入りませんでしたが…。

世界遺産!

 


griyapalka at 13:17|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2008年04月23日

海。

グリニッジから帰ってきて、はや6日目。

やっと、世間のみなさまに恥ずかしくない時間に起きることができました

いろいろありまして、10時ぐらいに起きることが多く、なんなら寝なかったこともありました…。

部屋も片付きましたし、やっと日常に戻れた気がします。

 

インドネシア行きの件は、結論からいえば保留になっています。

面接があった当時に確保していた学生の数がやむを得ない事情で減り、2次募集をかけているそうで…。

6月頭には、人数が確定します。

人数さえそろえば、採用してくださるとのことです。

今回の面接は、いろいろな方々の協力があって実現したものなので、待つことにしました

 

6月頭と言えば、☆0回目の誕生日が待っています。隠さんでもエエか…前書いたし…。

ダブルでオメデタ、ということになれば…と思っていますが、「人事を尽くして天命を待つ」のことばどおり、自分のできることを精一杯やっていきます

 

あと、ゴールデンウィークは、「Kいゆうかん」でバイトします。隠さんでもエエか…ばればれやし…。

なんと、3か月ぶりの仕事です

面接を受けていたのは学生さんが多く、年齢的に無理かなあ、と思っていたのですが、やる気のアピールが通じたのでしょうか。

案内から掃除から何でもやります。

海外からのお客様も多いので、英語も使えますし

今まで世間のみなさまが働いていらっしゃるときにさんざん休んできたので、せめて世間のみなさまがお休みのときにしっかり働いて、お役に立ちます。立って見せます


griyapalka at 06:22|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2008年04月21日

山。

やっと落ち着きました。部屋はまだ散らかっていて、落ち着いていませんが

 

グリニッジでの生活は、表面だけ見れば…

 

・ほとんど、滞在先と学校の往復のみ。

・睡眠不足。実習前日は徹夜もあり。

・お金の使い道は、文房具代や、コピー代がメイン。

 

…という、ハードなものでした。

でも、その中でベストを尽くせました。

書きたいことは本当に山ほどあるのですが、まだまとまっていませんので、卒業式の受講生スピーチのときに私が話した内容をそのまま載せます。逆にこれがすべてを物語っていると思います。

以前はこういうのは恥ずかしくて、載せるのを憚っていたのですが、今回は本当に心から思ったことだし、全然問題ないと思っています。

前置きが長くなりましたが…よろしけば読んでやってください。

 

---------------------------------------------------------------------

開講式のスピーチで、スクーリングで心技体を鍛えたいと言ったので、振り返ってみました。

 

まず、日本にいる時に、一番鍛えられるだろうと思っていた「技」。

授業前の、展開※1を意識した授業の構成の仕方。

授業中の指示の出し方。

授業後の振り返り方。

こういったことを学び、完璧ではないにしても、実習に生かすことができました。

 

「体」。

仕事でも徹夜をしたことのなかった私が、実習の前日はほぼ寝ずに準備をし、それでも翌日は元気に教壇に立っている姿がありました。

 

「心」。

いろいろなもの、いろいろな人と、まっすぐに、純粋な心をもって向き合うことができました。日本語。学習者。クラスメート。先生方。そして、自分自身。

まっすぐに向き合えたから、毎日全力疾走できました。

毎日全力疾走できたから、「技」や「心」の部分も鍛えられたのだと思います。

 

日本に帰ってからも、もっと心を磨いて、技や体力も身につけて、一流の日本語教師、一流の人間になりたいと思っています。

 

最後になりましたが、今日ここにはいないのですが、私の拙い授業を温かい目で見守ってくれた学習者のみなさん、やはりここにはいないのですが、手続きでぎりぎりまでバタバタさせてしまった東京事務局のみなさん、唯一の男性である私を受け入れてくださったクラスメートのみなさん、それから勉強に集中できる最高の環境を作ってくださった先生方に、心から感謝いたします。

本当にありがとうございました。

 

---------------------------------------------------------------------

 

資格が取れているかどうかもわからない※2中でのスピーチでしたが…本当に、これからです。卒業式での気持ちを忘れずに精進を続けていきます。

 

あ、そういえば、グリニッジ滞在中に、インドネシア行きの面接をしてくださった会社の方から電話がありました。

それと、卒業式の日と、グリニッジ滞在の最終日には、観光もできました。

そちらについては、機会を改めて書きます。

乞う、ご期待

 

↓卒業式の後、キャンパス前で撮った集合写真です。この建物がまたスゴイ…

先生方とゆかいな仲間たち

 

 

 

 

※1:展開とは、学習者だけに発話をさせ、教師は介入しない活動のことです。最終的には教師がいなくても発話できるようになるのがいいわけなので、展開という活動は非常に大切なのです。

※2:資格が取れているかどうかは、1か月後に判ります。


griyapalka at 11:09|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2008年04月18日

帰国しました

ロンドンから。

いや、正確には、グリニッジから。

 

書きたいことは山ほどありますが、ひとつだけ。

 

30年ほどしか生きていませんが、今までで一番充実した時間を過ごすことができました。

 

また書きます

 


griyapalka at 14:16|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)

2008年04月04日

ひさびさに

ひとりで呑みます。

梅酒ストレート。

 

さっき面接が終わりました。

あそこはこう言うといたほうがよかったかなあ…というところは多々ありますが…。

 

まあ、考えても仕方ない。

今、自分にできることを…ということで、梅酒のビンに手が伸びました

 

明日はいよいよ、ロンドンへ出発です。

学校側の手違いで、入国に必要な書類がまだそろってませんが…

今、自分にできることに集中します


griyapalka at 18:56|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2008年04月03日

ああ。

きのう、チャリで新地へ行ってまいりました。

面接も終わったし、ぱーーっと

 

…行ったのではありません、残念ながら。

来週からロンドンで教育実習があるのですが(2週間ほど)、その教案作りに行きづまりまして…。

前から気になっていた本を買いに、ジュンク堂まで行ったのです。

 

おたすけタスク初級日本語クラスのための文型別タスク集

 

これで何とかなりそうです!

 

ちなみにうちから新地までは近くはありません。

チャリで行ったのは…体を動かしたかったのと、節約したかったのと。

そのおかげで、得したことがたくさんありました。

 

1.カレーが売り切れているカレー専門店発見(致命的

 

2.こんな店↓の前を偶然通過

たむら

 

 

 

 

 

 

3.自転車がお揃い(色違い)の老夫婦発見(なんだか微笑ましかったです)

 

4.こんな景色に遭遇↓

ああ。

 

 

 

 

 

 

嗚呼。←今日は濁点なしです。

日本人でよかった。

写真は、桜ノ宮公園のさくらです。偶然、新地までのルートに入ってました。

しかも家帰ってからテレビつけたら、ちょうど満開になった、とのこと

ほんと、ラッキーでした。

インドネシアに行ってしまったら、なかなか見ることもできなくなるので…。

 

あ、インドネシア行きと言えば、次の面接(最終?)が明日になりました。

電話ではなく、スカイプでやるそうです。

またスーツを着なければ。一人なのに。自分の部屋なのに。

 

とにかく、がんばります(鼻息)


griyapalka at 13:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2008年04月01日

あ゛あ゛。

面接が終わりました。

面接官は、日本の人材派遣会社の方や、日本語教師の方など、合わせて3名。

生まれて初めての、Web面接というやつでした。

なかなか回線がつながらず、30分ほど遅れてのスタート。

 

事前にWebカメラの前でひとりごち、録画までして確認していたことが実り、こちらの思いの丈は伝えられた…と思います

終わってみれば、1時間以上も話し込んでいました。

悪い印象は与えなかったと思うんですが…。

合否は…大学との電話面接の後に発表!

そして、その大学との電話面接の日程は…

 

未定です。

 

嗚呼。←気持ちは濁点つきです。

早く決めたい。

 

気持ちを落ち着けるために、コブクロを聴きながらシチューを作ります


griyapalka at 17:40|この記事のURLComments(12)TrackBack(0)

2008年03月27日

今日気づいたこと

数字の「3」を中国語で読むと、世界のナベアツっぽくなります。

 

…ナベアツと言えば、先日書いた教案が通りまして、外国人に日本語を教えるボランティアとして活動できることになりました

さっき電話がありました。

ボランティア採用担当の方にも、インドネシア行きのことは事前に伝えていたんですが。

「ゼヒとも勉強していって欲しい」、とのありがた〜いお言葉をいただきました。

 

あとは、インドネシア行きを決めるのみ。

面接の日程が4月1日に決まりました

これをクリアすれば、ほぼ決まりのような雰囲気です。雰囲気ですけど。あくまで。

4月1日と言えば、忘れもしない2年前、生まれて初めて財布を無くした※、忌まわしき日。

今年はいい日にします

日付が「3」と関係ないのが、少し残念ですが(うそ)。

 

さて、皿洗いしよっと。

 

※ちなみに財布は数日後に出てきました。中身も無事でした。

 


griyapalka at 18:40|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)
こんなやつです
griyapalka
1997年4月、インドネシア語を学び始めました。
2000年4月から2001年2月まで、ジャカルタ郊外のデポックという町で留学。
Griya Palkaというのは、当時の下宿先の名前です。
オーナー自ら同じ場所に住み、他の住人とは家族のように接してくれました。
それは外国人である私も例外ではありませんでした。
いろいろなイベントを企画しては、いつも誘ってくれていました。
そんなオーナーを始めとするGriya Palkaのスタッフとは、今も連絡を取っています。
過去のネタは、こちらから